トップページ > 2007/07/19 > stoppie-kiss

    このページではstoppie-kissでダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高く買い取ってくれるstoppie-kissの買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    クライスラーのダッジを高価買取してもらうために大切なことは「stoppie-kiss対応の何社かの車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社のみとか家の近くにあるディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら絶対に損をするので気を付けてください。

    中古車一括査定サイトならサクッと入力完了するので簡単です。stoppie-kissに対応している複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、ダッジ(Dodge)の買取金額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、stoppie-kiss対応で利用は無料。

    「ダッジを高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているダッジの買取査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのダッジでもstoppie-kissで高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    ダッジの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちのダッジの買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、stoppie-kissに対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がダッジの買取査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたのダッジの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで査定額やサービスの違いを比較することが可能になるので、stoppie-kissに対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年大事に乗ってきたダッジをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした輸入車の買取専門業者です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。stoppie-kissにも対応していて出張査定も無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、アメリカ車のダッジなら大手買取店より高額査定が実現する可能性が高いです。
    そういったこともあるので、アメリカ車のダッジなら最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを使って査定相場をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。






    車買取コラム

    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、一度に何店もの見積もりの額を中古車の一括査定サイトを使えば比べることができます。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    しかしながら、いっぺんに沢山の買取業者に見積もりを依頼している以上、なかなか都合良く行かない面もあって、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在する欠点があるので注意が必要です。

    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売る前に車検を実施しても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    中古車を査定するときに絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、車の査定の腕前が一定以上であることを証明してくれるはずです。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのがウェブ上の車買取一括査定サイトからの査定依頼です。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間で入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、24時間対応の業者などから深夜に電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    訪問査定で車の現物を見る際、たとえ掃除済みだったとしても車内がタバコ臭かったり、ペットの臭いなどがあればどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    自分では臭いと思わなくても、運転者はその臭気自体に慣れっこになっていて他人に言われて改めて気づいた人も少なくありません。

    査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。

    消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、拭き掃除を念入りに行い、付着したニオイ成分を除去するようにしましょう。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で何年落ちといった言い方をするものです。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので要注意です。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、売買契約書を持って行く必要があるのです。

    車の査定をしてもらいたいと思ったら、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、あらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということでメリットが大きいです。

    ひとつの店に持ち込むのと違って同時に複数の業者から査定を受けることができるので、同業他社と査定額を争うことになり、査定額全体がアップするのです。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと却って不調になることが多いのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。