トップページ

    このサイトではダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    クライスラーのダッジを高く買い取ってもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、ダッジ(Dodge)の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「アメ車のダッジを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているダッジの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、アメ車のダッジを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ダッジの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのダッジの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者がダッジの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がアメリカ車のダッジの査定額を出してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いしてアメ車のダッジを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、アメリカ車のダッジを売るなら他の買取店より高く売ることができることも多いです。
    そういうことから、アメ車のダッジであれば最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を比較してみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。






    車買取コラム

    WEB上で確認できる車の査定額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにボディーの状態などは千差万別で当然ですから、具体的な実際の査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、査定を担当する担当者にもよりますが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却予定になってから車検を行っても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    中古車の査定を業者に依頼する際に必要になってくる書類には何があるかというと、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、印鑑証明書や自動車税納税証明書などのいくつかの書類が必要になるのです。

    引っ越しをしていたり結婚したりして車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには追加の書類が何枚か必要になってくるので、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    事実を隠すという行動は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    それに契約書をよく読んでいくとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    手間暇かけずに自分の車の買取価格を知ることができる却一括査定サイトというのは一度使えばその便利さを実感しますが、その性格上、やっかいなこととして対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    勤務先の電話番号や業務の連絡にも使っている携帯電話などで登録したりすると、仕事に支障がでかねないので、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。

    あまりマナーを守らない非常識な業者にあたった場合は、一番最初に来た業者と契約済みだとか、嘘でもいいから売ってしまったことを伝えると諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    中古車を売却する際にネットで一括見積りを依頼すると、さまざまな業者から電話がかかってきます。

    査定額を決めるには実際に車を見なければ無理だから、車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。

    どんなにこちらの事情を説明しても電話を繰り返しかけてくる業者さんもあるようですし、不快に感じたらもう売却済みですと伝えるのも効くみたいです。

    さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

    たとえ自動車ローンが残っていようと場合によっては車を売ることもできます。

    もっとも、車検証の所有者が売主であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、残債を返済しきるまでの間は所有者名を変更することはできません。

    要するに、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければほぼ査定額に影響を与えません。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくていろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    記載された中古車の状態は適切か、金銭面で分かりにくい箇所はないか、よく読んで確認してください。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。