トップページ

    このサイトではダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    クライスラーのダッジを高く買い取ってもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、ダッジ(Dodge)の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「アメ車のダッジを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているダッジの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、アメ車のダッジを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ダッジの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのダッジの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者がダッジの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がアメリカ車のダッジの査定額を出してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いしてアメ車のダッジを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、アメリカ車のダッジを売るなら他の買取店より高く売ることができることも多いです。
    そういうことから、アメ車のダッジであれば最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を比較してみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、あるジャンル限定の車販売が得意だったり、または専門的に行っているところがあります。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、そこで判別可能です。

    すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には自分が売りたいと思っている車の査定をいっぺんに複数の企業に依頼可能な、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    見積もりを出してもらったら必ず売却すべきという決まりはありませんし、利点としては、数多く存在する買取業者に出向く必要性がなくなるのです。

    でも、査定してもらった会社の中には車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、自宅などに電話されるのが面倒な人は、買取業者とメールで連絡可能なサイトを選ぶとこのような事は回避可能です。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより常に流動的なものですから、人気のある特定のボディーカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて値段がつかないこともあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障している可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    中古車を買い取る際の査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けて減点、ないし加点をして最適な査定額が提示できるようにしています。

    中でも減点対象としてはずせないのはヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない場合もあります。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法はおおまかに言って二つに分けられます。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低い買取り価格になるようです。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に高値になる傾向があります。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が残っている方が有利です。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではさほどプラス査定にはならないのです。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、最初にウェブから査定を依頼し、机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして業者が来て実車査定を行い、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと指定した口座に売却代金が振り込まれます。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースが散見します。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理自分で補修しようとせずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。