トップページ

    このサイトではダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    クライスラーのダッジを高く買い取ってもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、ダッジ(Dodge)の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「アメ車のダッジを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているダッジの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、アメ車のダッジを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ダッジの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのダッジの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者がダッジの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がアメリカ車のダッジの査定額を出してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いしてアメ車のダッジを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、アメリカ車のダッジを売るなら他の買取店より高く売ることができることも多いです。
    そういうことから、アメ車のダッジであれば最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を比較してみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。






    車買取コラム

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも有利にはたらく方法です。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、特に心配する必要などないのです。

    また、契約を取り交わす時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    買取に出そうと考えている所有車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を店舗側から提示された場合、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    中古車の査定をしたからといって、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    一般的に、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ査定を依頼する必要が生じます。

    JAAIの事業所は全国展開していて、50ヶ所以上あります。

    そして、有料での査定になっています。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、業者を騙すのと同じことで、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    それに契約書をよく読んでいくと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるウェブ上の車買取一括査定サイトからの査定依頼です。

    一度入力すればそれだけで何十社もの買取査定額を手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。

    けれども欠点を挙げる人もいます。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、24時間対応の業者などから深夜に登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、「車検」は査定金額に影響します。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいではさほどプラス査定にはならないのです。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、はじめから売ることをやめてしまうことはありません。

    その動かない自動車にも値段をつけてくれるところがあるかも知れませんよ。

    自動車本体ではなくパーツごとに見ると故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、部品部品に対して価格をつけ査定して買取を行ってくれるところはあります。

    そうは言っても、通常の買取会社だと不動車と言うだけで断られるケースもあるので、前もって調べて不動車を取り扱っている業者に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでにはその色の流行が終わっていることを考慮して査定するからです。