トップページ

    このサイトではダッジの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ダッジの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページで紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    クライスラーのダッジを高く買い取ってもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、ダッジ(Dodge)の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にダッジの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「アメ車のダッジを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているダッジの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、アメ車のダッジを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ダッジの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのダッジの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのダッジでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者がダッジの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたダッジを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がアメリカ車のダッジの査定額を出してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いしてアメ車のダッジを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、アメリカ車のダッジを売るなら他の買取店より高く売ることができることも多いです。
    そういうことから、アメ車のダッジであれば最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を比較してみてください。

    複数の買取店に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたダッジを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明すると車種や車体の色などの基本性能、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    そうは言っても、売却予定になってから車検を行っても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使う際の注意点として、最高値で見積もってくれた店舗と取り引きするのが最善策ではないかもしれない点があります。

    同時にたくさんの見積もりを比較して、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    取り引きを実際にする際、契約が終了した後になってさまざまな理由を後付けされて現実に買取額を低下させられるケースもあることでしょう。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかし車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると費用面のことは失念しやすいですから、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをしっかり確認しておきましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    店側は今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    逆に決算終了後の4月には査定額が低調ですので避けた方が無難です。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からするとその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    隠蔽行為は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    そうなると価格交渉どころではありません。

    修復歴をあえて隠すというのはいわば告知義務違反ということになりますから、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、自動車の売買は個人同士でした方が間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    お金に関することは、分割払いの初回のみ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    完全に動かない車である「不動車」ですら、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    自動車の各部分ごとで見れば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、それらの部品に対して値段をつけて査定して買取を行ってくれるところはあります。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。

    それは、一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    軽自動車に関してはまた別で、自動車税は戻りません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。